あいらぶまいさん

育児・家事・仕事で怒涛のように日々過ぎていきますが。。。溺愛する息子2人の笑顔に癒されて、今日もママは頑張りマス☆

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
tb: --   cm: --

2年。  

2年。

東日本大震災が起きたのが2年前の今日。

それから『生きる』ことと『死ぬ』ことをよく考えるようになりました。

ムスコちゃんの小さな手を握るたび、寝顔を見るたび、笑顔を見るたびに
この子をずっと守らなきゃって思います。

怒って腹たてて冷たくしちゃうと、この後何かあったら絶対後悔する!て
思って、冷静に対応できない自分に落ち込んで反省することもしばしば。

もしも、があった時・・・ムスコちゃんやダンナちゃんが見る“ワタシの最後の姿”は
笑っている顔であってほしいとか思うので、家族と少しでも離れる時は
極力平和な気持ちを保つように一応努めてる・・・つもり・・・です。
仕事もしてて平日は離れてる時間も長いので、朝は忙しくても
プリプリしちゃいけないぞって自制したりもしてる・・・つもり(苦笑)


生きていること、元気なことって“当たり前”じゃない。
怪我も病気も事故も、そうやって死ぬことも“ありえない”訳じゃない。
ちゃんとそういうこと頭に入れとかなきゃって思うようになりました。

色んなこと考えながら、色んなこと思いながら楽しかったり悲しかったり
苦しかったり辛かったり笑ったり泣いたりしながら皆生きてるんだよね。
泣いても笑っても『今』は今しかないから、大事に過ごそう。


仲よくさせていただいている*yuki*さんが前回のワタシの(ネガティブな)記事に
【もしかしたら私達が思う理想の未来じゃなかったとしても
 子どもたちは笑って暮らせるくらいたくましい!】

とコメントをくれました。

うん、そうだよね。大人も子供も逞しく生きるべし、ですね。
そして子供の逞しさを大人が信じなきゃ、ですね。

どんな未来でも笑える強さを、ムスコちゃんに身につけてほしいです。


それでも、前を向くのが辛い時は一度立ち止まって
空でも見上げてゆっくり休むのもいいよ。
立ち止まるのも勇気がいるけれど、
心も体も、疲れたら休めないとね。



週末の震災特番の中で何度も耳にした『~を覚えているでしょうか?』という問いかけに
色んなことを自分の意識の中で風化させてしまったこと、気付かされました。

何年経っても同じ日本に生まれ育った自分たちは
3月11日という日に何が起こったのかを忘れてはいけないと改めて思うのです。


関連記事
tb: --   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

Profile

my son

my second son

sweet home

time

Categories

New entries

Archive

Link

Recent comments

RSS

ブロとも申請フォーム

Trackback

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。